教育研修・コンサルティング・総合的支援。カスタマイズ・実践型研修| 福岡 |株式会社ウイルブレイン

チーム活性化系

状況対応リーダーシップ研修

部下の開発段階に応じて変化させるリーダーシップ・スタイルを学びます。リーダーは部下の能力と意欲に応じてスタイルを変化させることで、首尾一貫したリーダーシップを発揮できます。

研修概要・特徴

リーダーシップ理論を「わかった」だけでなく、トレーニングや演習で「できるようになる」研修
多様な部下への対応、リーダーシップのスタイルが習得できます。部下の意欲と技能を観察しニーズに耳を傾け、状況に合わせた対応が迅速にできるようになります。

 

 

研修目的

「状況対応リーダーシップ」は、ハーシィ(P.Hersey)とブランチャード(K.H.Blanchard) が提唱した考え方です。部下を一律に扱うのではなく、「成熟度」(状況)に応じて、対応の仕方を変えるというものです。多様な部下が増える今こそ、覚えておきたいリーダーシップの理論です。
リーダーは、適切なタイミングで適切な指示と支援をメンバーに提供します。メンバーの成功のために、程よい指導をしたり、適切に委任したりします。メンバーの技能と自立を向上させるにはどうしたらよいか心得ているので、メンバーはより早く組織が求める成果を創出することができるのです。リーダーシップをもっと発揮できるようになります。

 

リーダシップ理論の理解

リーダシップ理論の理解

開発4段階の診断とスタイル習得への実習

開発4段階の診断とスタイル習得への実習

ケース事例で体系的な習得

ケース事例で体系的な習得

 

 

実施方法 集合型、もしくはオンライン、動画配信研修
依頼目的
  1. どんな部下にも同じように接してしまう
  2. ベテランとの関係がギクシャクしてしまう
  3. 各メンバーに目標が浸透できていない
  4. 新人には細かく指導せず自由にさせているが育たない
  5. ティーチングとコーチングの使い分けができない
  6. 個人面談でどう話し合ってよいかわからない
  7. 部下との関係が今一つ良くない
  8. 部下の評価が主観的になってしまう
内  容
  1. メンバーの状況を把握する(状況別で分ける4タイプ)
  2. 効果的なリーダーシップ(有効なリーダー行動を使い分ける/指示するとき、支援するとき/ケース事例と演習)
  3. まとめ
実施時間 〇1回3時間コース/6時間コース ・2日間コース
〇継続研修
継続フォローアップコース
※ご要望に応じてカリキュラムをご提案いたします
受講人数 5名以上
対象者 メンターなど育成する先輩やリーダー、管理職
効果・変化 ・メンバー個々の具体的な診断方法が理解できた
・部下の迷いや不安への支援、チャレンジの場をもっと作りたい
・開発レベルに合わせた指示、支援の使い分けがわかった
・相手の今の状況によってスタイルを変えていきたい
・新人のやる気を大事にした育成をすべきだと実感した
・「何を」一人前の基準として伝えるのかが大事であると実感した
・能力評価制度の内容確認・充実も併せて図りたい
・目標管理を活用してD4リーダーまで育てていきたい
・人事考課や評価者研修にも取り入れたい

 

資料請求(詳しくご案内)