教育研修・コンサルティング・総合的支援。カスタマイズ・実践型研修| 福岡 |株式会社ウイルブレイン

チーム活性化系

コーチング研修

相手の持っている能力ややる気、強みを引き出す、パフォーマンスを最大化するための対人技法。対話を通じて、相手の主体的な目標達成を支援する技法を学びます。

研修概要・特徴

知識を「わかった」だけでなく、トレーニングや演習で「できるようになる」研修
コーチングの知識を理解し、実際にペアワークや実践練習を行い習得します。

 

研修目的

当研修は、自主的・主体的なメンバー育成のために、相手の考えと行動を「引き出す」コーチングスキルを習得していただきます。「目標の明確化」や「選択肢の創造」といった部下へのアプローチ方法を身につけ、メンバーの成長と自主性を促進します。
コーチングとは、対話や質問を通じて相手に気づきを促し、自発的な行動を起こす支援をする指導手法を指します。指導を受ける側が自身でも気づかない内側にある「思い」を言葉として引き出すことを重要視しており、コーチングを行う上では「質問力」「観察力」「相互のコミュニケーション力」など複合的なスキルが必要です。部下だけでなく、先輩や上司へのコーチングも可能です。

コーチング理論の理解

コーチング理論の理解

コーチングスキルの習得

コーチングスキルの習得

育成課題の設定

育成課題の設定

 

 

実施方法 集合型、現場指導 もしくはオンライン、動画配信研修
依頼目的
  1. 主体的な部下に育てたい
  2. 相手をやる気にする面談やフィードバックを知りたい
  3. リーダー層の指導力にバラツキがある
  4. 社内のノウハウを若手に伝授し、早く一人前になって欲しい
  5. 新人や若手の育て方の有効な技法を学びたい
内  容
  1. 育成の必要性とコーチング理論
  2. コーチングの前提と効果
  3. コーチングにおける心構え
  4. コーチングスキルの実践【ロールプレイ】「傾聴」 「承認」「共感」「質問」
  5. 職場でのフィードバック実践/ケース対応
実施時間 〇1回3時間コース/6時間コース ・2日間コース
〇継続研修
月1回×6回、月1回×1年間、月4回×3か月など
※ご要望に応じてカリキュラムをご提案いたします
受講人数 5名以上
対象者 OJTの育成担当者、部下・後輩をもつ人、メンター、管理職
効果・変化 ・「なぜ」を「どのように」「何か」に変換した質問が有効だった
・部下の本音を引き出す対話の時間を定期的に作るようになった
・褒める、聴く、自分で考えて行動する部下の支援ができている
・社員全てに対して、傾聴、質問、承認を心がけている
・評価面接で効果的に使えるようになった
・職場の雰囲気が明るくなった

 

資料請求(詳しくご案内)