レゴ®シリアスプレイ®

社員研修.営業研修・管理職研修・接客研修 | 人材育成 | 講師派遣 | 福岡 | 株式会社ウイルブレイン

レゴ®シリアスプレイ®

レゴを使ったワークショップ
さあ、突破しよう!壁を突き破ろう!
そこに見えている、新しい希望・・・

これまでの常識にとらわれないアイデアを創造し、環境変化に対応したスピーディーな行動をとっていくために創造的な問題解決力、意思決定力、積極的行動を鍛えましょう。

レゴ®シリアスプレイ®

レゴ・ブロックを道具に使う、ユニークなアプローチで下記のような、組織の抱える課題を可視化し、組織に内在する知恵を結集して、解決へと導きます。
特に、異なる立場のメンバー間での新たなアイデアの創出、ビジョンやゴールの創出、行動への基盤創り等に開発・応用されています。

【 特徴 】

レゴ®シリアスプレイ®

「レゴ・シリアスプレイ®」とは、元デンマーク・レゴ社の教育事業部門開発責任者、ロバート・ラスムセン氏が2001年に開発した、右脳(感性)を活性化する問題解決手法です。
各人の心の奥に隠れた内観を、ブロックを用いて、立体化された作品を創り、可視化させます。
手と脳は60%以上連携を取っていると言われており、ブロックで創り上げるものは、その人自身の潜在的意識が形になっています。手を信じて動かすことで、右脳と左脳の双方アプローチで物事を考えることができます。人は手を動かすことで、頭の中で理論や知識構築を同時に進めることができるのです。
参加者同士が、自らレゴブロックを使って創った三次元のモデル(像)を通してのグループ討議、知識の共有、問題解決と意思決定をします。
チーム全体が、このプロセスを共有することにより、個々人の考えが、次元の高い、ダイナミックな考えへ統合・昇華することができます。

【 ワークショップ内容 】

レゴを使ったワークショップ
  • 1. 問いを設定する
  • 2. ブロックで創作する(モデリングする)
  • 3. モデルを通してストーリーをシェアする
  • 4. 周りからの質問に応えることで自分の内観に気づく

思考錯誤

テーマに対して作品を作る時、直感で指を動かします。
内側から上がって来る思いに体を任せながら、創造していきます。

レゴ®シリアスプレイ®思考錯誤

ビジョンメイキング

レゴ®シリアスプレイ®

自分が究極に達成したいゴールイメージを描きたいとき、レゴブロックは素材として非常に使いやすいものです。
指が動くままに好きな形を選びます。目標、ビジョンなどのテーマに対して想起されるイメージを基に「作品」を作り、可視化していきます。

アイデア創造

レゴ®シリアスプレイ®アイデア創造

潜在的な問題を抽出すること、新しい未来へのひらめき、インスピレーションを起こしやすくします。

その人のことが、よくわかる

レゴ®シリアスプレイ®その人のことが、よくわかる

音だけで他者の話を聞いていると中身は記憶に残らないものです。
作品を語ってもらうことで、その人のことが良く理解できます。
「面白い」「驚き」などの感情移入しやすく、新しい発見や納得につながりやすく、また視覚的インプットとして記憶に残りやすくなります。
もちろん、話し手としても、作品を基に語るととても話しやすく理解してもらいやすいものです。

チームビルディング・・・組織のビジョン共有

レゴ®シリアスプレイ®その人のことが、よくわかる

レゴは、一人ずつ、自分の主張を作品に表現します。
チームメンバー全員で組織のビジョンの作ることで、各人の思いを共有できます。
共有できたビジョンは全員の思いが入っているので、コミットレベルが高くなります。
皆の意見や発見のエッセンスを集めるレゴでのミーティングは効果的で効率的なシェア、振り返り、納得いく結論への収束ができます。

アクション・プラン

レゴ®シリアスプレイ®アクション・プラン

可視化された作品を基に、言語化した具体的計画に落とし込みことも容易にできます。

レゴ®シリアスプレイ®

インストラクター:
深月敬子(レゴ®シリアスプレイ®、認定ファシリテータ)

開発者:ロバート・ラスムセン氏(左)と
ラスムセン・アカデミー校長:石原正雄氏(右) 

お問い合せ・お申し込み
お問い合せ・お申し込み 092-482-4145
株式会社ウイルブレイン
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-12-17五幸ビル6階
TEL 092-482-4145
ページトップへ戻る