【福祉業界の多忙さ・煩雑さ、目先に追われるスタッフ】

【自分を作品にしてその形を見てみよう】

【感情、思考、これからやりたいこと…が浮かび上がるセッション】

今回は、福祉業の社員研修のファシリテーションを担当しました。

 

主催者からのご依頼は、

「今、抱えている職場の問題を全部出させてほしい」

入社前のイメージと違う入社後の困惑や混乱、不安や疑問、やりにくさ…。

それらを話す機会にできるツールとしてレゴシリアスプレイ研修をプランしました。

話しやすい同時期入社の社員を集めての研修です。

問題を作品を通じて共有することで、その先に「どうしたい」というひらめきや、

対策アイデア、主体的な行動、提案活動、情報収集へ進んでいくことが多いのです。

そういう人が増えることで、職場は生産性が上がり、仕事の仕方やコミュニケーシの工夫が生まれてきます。

知識習得の座学では深まらない内省や発想の転換を試みました。

 

【流れ】

3時間で実施しました。

①問題を作品にする

②グループでまとめ問題を構造化する

③個人の解決策、アクション課題を作品にする

【結果】

IMG_6559 IMG_6562  IMG_6564  IMG_6567  IMG_6571 IMG_6579  IMG_6580

時間がない、やることがいっぱい。

作業も書類も、訪問も・・・人手が不足。

でも・・・もしかしたら、不要なこともたくさんしているかもしれない。

ここで遠慮したり、孤立したり、あきらめているかもしれない。

あれ、私っておせっかい、やり過ぎ、徒労感だけじゃないの!

自分が好きで始めたのに、少し嫌いになっているんじゃない?

あれれ、先輩も上司も顧客も関与先も・・・みんながグルグル無駄なことしている。

結局、だれが得をするの?誰が喜ぶの?

ストレスが見えてきた!

 

対策の作品はすぐにできそうなこと、変えていけそうなこと、

自分でやりたいこと、やれそうなこと…たくさんの笑顔の作品が並びました。

 

素晴らしい集中力、共感が生まれました。

楽しく手と脳を動かし、全員で一体感を感じていただけました。

明るく積極的、具体的な言葉に皆さんのエネルギーを感じました。

皆様の活動を心より応援しています。

 

■ワークショップや研修についての説明ページはこちら

http://www.willbrain.co.jp/training_lego.php

■研修に興味がある、話を一度聞きたいなどはぜひお問合せください。

info@willbrain.co.jp

092(482)4145