社員研修・営業研修・管理職研修・接客研修 | 人材育成 | 講師派遣 | 福岡 |株式会社ウイルブレイン

コーチング研修

“リーダー・管理職に必須!主体的な人を育てるスキル”

黙って待っているだけで人は育ちません。人材への投資と育成をしっかりするのが企業としての役割であり、リーダーや育成担当者は必要なスキルを磨くべきです。
相手の持っている能力ややる気、強みを引き出す、パフォーマンスを最大化するための対人技法。対話を通じて、相手の主体的な目標達成を支援する技法を学びます。
貴社のリーダーの育成力を磨く教育研修に講師を派遣いたします。

職場で人を育てるコーチングの目的

人材の多様化、流動化が進む中、時間をかけて若手を丁寧に育成するという余力がないとおっしゃる組織が少なくありません。
しかし、チームのパフォーマンスを最大化させるために、企業の付加価値を上げるためにも若手を早期に戦力化させ成果をあげる必要があります。
そのため若手に自主的な成長意欲を持たせ、成長を促進させるべく、コーチングスキル向上に関するニーズがますます高まっています。
当研修は、自主的・主体的な部下育成のために、部下の考えと行動を「引き出す」コーチングスキルを習得していただきます。
「目標の明確化」や「選択肢の創造」といった部下へのアプローチ方法を身につけ、部下の成長と自主性を促進します。
コーチングとは、対話や質問を通じて相手に気づきを促し、自発的な行動を起こす支援をする指導手法を指します。
指導を受ける側が自身でも気づかない内側にある「思い」を言葉として引き出すことを重要視しており、
コーチングを行ううえでは「質問力」「観察力」「相互のコミュニケーション力」など複合的なスキルが必要です。
部下だけでなく、先輩や上司へのコーチングも可能です。

こんなことで困っていませんか?

・部下がなかなか成長しないので、自分で仕事をやった方が早い。指導放棄している
・教え方がわからない
・若手には勝手なことをさせないように監視しており、責任も持たせていない
・相手のできない点ばかりが気になる。否定し、つい叱ってしまう
・面談で説教や指導ばかりをしてしまう…相手が黙り込んで、何を考えているか聴きだせない
・部下との日頃のコミュニケーションが取れていない
・個別の面談を全く行っていない
・本人に目標を設定させる機会が当社にはない
・年代のギャップがあり、会話がかみ合わない。若手を理解できない

「できる部下」を育てるコーチング研修の進め方

演習形式で身につく、相手が「気づく」「やる気になる」「行動変容する」スキルを習得
コーチングの知識を理解し、実際にペアワークや実践練習を行い習得します。

コーチング理論の理解

コーチング理論の理解

コーチングスキルの習得

コーチングスキルの習得

育成課題の設定

育成課題の設定

ペアでの実習

開発4段階の診断とスタイル習得への実習

開発4段階の診断とスタイル習得への実習

研修カリキュラム例

1.育成における自分の役割を考える
・コーチングの基本的な考え方
・コーチングの前提と効果
・「ティーチング」と「コーチング」の違い
2.コーチングの心構え
・人に対する「プラス思考」
・部下・後輩の承認、思いやり、観察
・部下・後輩の目標、課題
・部下に身につけさせたいスキル
3.コーチングスキルの実践
・「傾聴」 「承認」「共感」 のポイント
・上手な質問ができること
・やる気とスキルを伸ばすフィードバック
・視認化する、構造化するテクニック
・ケース対応

コーチング研修の概要

実施方法 集合型、現場指導 もしくはオンライン、動画配信研修
依頼目的
  1. 主体的な部下に育てたい
  2. 相手をやる気にする面談やフィードバックを知りたい
  3. リーダー層の指導力にバラツキがある
  4. 社内のノウハウを若手に伝授し、早く一人前になって欲しい
  5. 新人や若手の育て方の有効な技法を学びたい
内  容
  1. 育成の必要性とコーチング理論
  2. コーチングの前提と効果
  3. コーチングにおける心構え
  4. コーチングスキルの実践【ロールプレイ】「傾聴」 「承認」「共感」「質問」
  5. 職場でのフィードバック実践/ケース対応
実施時間 〇1回3時間コース/6時間コース ・2日間コース
〇継続研修
月1回×6回、月1回×1年間など
※ご要望に応じてカリキュラムをご提案いたします
受講人数 5名以上
対象者 OJTの育成担当者、部下・後輩をもつ人、メンター、管理職
効果・変化・お客様の声 ・「なぜ」を「どのように」「何か」に変換した質問が有効だった
・部下の本音を引き出す対話の時間を定期的に作るようになった
・褒める、聴く、自分で考えて行動する部下の支援ができている
・社員全てに対して、傾聴、質問、承認を心がけている
・評価面接で効果的に使えるようになった
・職場の雰囲気が明るくなった

 

お申込み・お問合せ