社員研修・営業研修・管理職研修・接客研修 | 人材育成 | 講師派遣 | 福岡 |株式会社ウイルブレイン

プレゼンテーション研修

あたなの想いは聞き手に届いてますか?

プレゼンテーションはビジネスパーソンにとって必須のスキル!

ビジネスパーソンににとって対人対応能力は不可欠です。わかりやすく伝える力、話の構成力、提案力、説得力を含むプレゼンテーションスキルを身につけます。演習問題を繰り返すことで自分の課題や改善点が確認でき、苦手意識が払拭され進歩が実感できます。

ビジネス場面では営業、伝達、説明、会議など数多くのプレゼンテーション機会が巡ってきます。プレゼンテーションとは自分の提案、情報などを言葉と言葉以外の手段を使って相手の注意を喚起し、興味を沸かせ、理解と合意の上、自分の意図した行動をとらせることです。そのためには聴き手である相手を分析し、内容を分かりやすく組み立て、効果的な場面設定をする必要があります。

●なぜ、最後まで話を聞いてもらえない?

・内容さえ理解していれば、何とかなると思っている。
事前の準備を十分していない。
・説明のイメージが描けていない。
・話すべきポイントをつかんでおらず、長い。
・どんな説明が効果的なのかを考えていない。
・人間に対する感受性が鈍い。
・自分のことしか考えていない。

プレゼンテーション研修のねらい・効果

成功するプレゼンテーションには、「アプローチ、コンテンツ、シナリオ構築」の3要素に“戦略性”が必要です。単に演出に凝っているだけでは、勝つことはできません。顧客は非常に冷静かつ厳しい目であなたのプレゼンテーションを評価しているのです。

本講座では、自分のアイデアや仮説を企画書として論理的にドキュメント化し、ビジュアライズする方法論と実務を修得し、実際にプレゼンテーション演習を行うことで実力養成していきます。

「共感」を呼ぶプレゼンテーション手法を身につけよう!

どんなによい商品やサービスであっても、伝え方が悪ければ売れるものも売れません。渾身の企画であっても、説明する相手が理解し、納得させられなければ承認されることはありません。仕事においてプレゼンテーションスキルは、あらゆる人が身につけたいスキルの1つなのです。
ただ話し方がうまいというだけでなく、相手を動かすプレゼンテーションに更に必要なのは、「共感力」です。
好ましい印象やわかりやすい話し方に加え、共感が得られる構成の作り方、自分の魅力を活かした話し方、相手に想いを伝える手法など成果の出るプレゼンテーションの具体的な方法を、グループワーク、演習を通じて学びます。

プレゼンテーション研修の進め方

知識を「わかった」だけでなく、型の習得で「できるようになる」研修
基本動作はエクササイズ、ロールプレイなど体を使った演習によって身につけます。
体得できるので、自信を持って行動できるようになります。

 

[基礎スキル]
・望ましいプレゼンテーションを理解する
・プレゼンテーション実施までの流れ
・論理的なストーリー構成

[応用スキル]
・正確でわかりやすい文章
・訴求力をアップするビジュアル化
・聴き手を動かす発表スキル
・信頼感をアップする質問対応

プレゼンテーション研修カリキュラム例

◆プレゼンテーションの黄金律 ■伝えたいことが相手の心に届くために
■信頼できる相手、信頼される自分とは
◆印象をアップしよう ■相手に好印象を与えるには
(身だしなみ、表情、立ち方、姿勢)
■発声・発音・滑舌 トレーニング
(腹式呼吸・五十音・早口言葉)
■声の表情、トーン、テンポを実感する
◆説得力のある内容 ■お客様の期待をとらえるヒアリング
■「どう」よりも「何を」伝えたいか
■差別化できるメインメッセージの重要性
◆わかりやすい表現 ■わかりやすい話の順序~4ページ構成
■納得できる根拠の示し方
■記憶に残りやすい言葉と表現
◆共感プレゼンテーション ■競争相手に勝つチームプレゼン戦略
■聴き手にメリットを感じてもらうために

企画書を作成 研修カリキュラム例

1. 企画とは何か
①問題解決を提案として形式化する
②論理構成(現象・原因・解決)
③根拠を示す情報収集
2. 成功するプレゼンテーションの条件
①プレゼンテーションの目的と意義
②採用される独自性・実現性の条件
③プレゼンの準備(戦略シート・意見交換準備シート)
3. 企画書作成
①作成フローと構成要素
②図解化技法(MECE・フレームワーク)
③企画書事例
4. 印象に残す伝え方
①ボディランゲージと最初のアプローチ
②効果的な言葉と道具の使い方
5. 企画プレゼン実習
【自分のアイデアをプレゼンテーションしよう】

 

お申込み・お問合せ