社員研修・営業研修・管理職研修・接客研修 | 人材育成 | 講師派遣 | 福岡 |株式会社ウイルブレイン

管理職マネジメント力向上研修

強い組織・チームをつくる管理職の能力開発

管理職(リーダー)が変わらなきゃ、組織は成長しない!
管理職に必須のマネジメントスキル&リーダーシップを高めよう!”

チームをマネジメントするリーダーとして、自己成長に向けた考え方とスキルを学びます。周囲を巻き込み役割を遂行するための適切な目標設定や問題解決、部下育成のコツを習得できます。

マネジメント力を身につけよう!

企業組織の「業績」はリーダーのマネジメント技量によって決まります。リーダーの考え方や行動スタイルが組織の思考・行動習慣となり、やがてそれが組織体質となってチームの結果に影響を与えます。

当研修では、リーダーの物の見方・考え方のあるべき姿を明確にすると共に、効果的な職場マネジメント法やコミュニケーション、人材育成法を実践的事例や演習を通して習得していただきます。

【研修の目的】

  • リーダーとしての心構え、役割を学ぶ。
  • マネジメントの原理・原則を理解する。
  • 部下育成に効果的なコミュニケーションの実践方法を学ぶ。

 

・部署をまとめるリーダーが役割を果たしていない。雰囲気が良くない
・勤続年数が長いけれどチームの現状に合ったマネジメントができていない
・若手や中堅を活かす、能力を伸ばす方法がわからないようだ
・会議では一方的な決定をし、現場の困りごとに耳を貸さない
・マネージャーにも数字のノルマがあり、個人業務で忙しくチームマネジメントができていない

 

マネジメントスキルは才能ではなく、学習で身につきます

講義を聴いて「わかった」ことを、トレーニングや演習で「できるようになる」スキル体得研修
リーダーシップ理論や職場マネジメント知識を活用する演習問題、ワークを行い自己点検します。自己の目的意識が高まり、課題設定ができやすくなります。

マネジメント知識の理解/モノの見方・考え方の確立

マネジメント知識の理解/モノの見方・考え方の確立

リーダーシップ演習問題/業務管理・部下支援・問題解決力

リーダーシップ演習問題/業務管理・部下支援・問題解決力

アクションプラン

アクションプラン

 

マネジメント研修カリキュラム例

1.変化する経営環境と企業対応
・職業を取り巻く環境変化
・これからの時代に求められる重要スキル
・働き方をどう変えるか
2.管理職に求められる意識改革
・リーダーがもつべき3つの意識
・自律型人材の育成と権限委譲
・変化を拒む5つの壁
3.管理職の果たすべき責任・役割
・管理職の立場と主な仕事
・管理職が果たすべき役割と機能
・職責を果たすために必要な力
4.部門経営を実現する『マネジメント力』
・人と組織の力を引き出す考え方と手法
・マネジメントとは
・人材育成とコミュニケーション
5.自立型人材を育てる目標管理の技術
・チームを牽引するミッションとビジョンの作り方
・行動目標の具体化、正しいPDCAサイクルの回し方
・部下のほめ方・叱り方

サーバントリーダーの育成が急がれます

新しい組織運営のやり方を指示命令中心から、“共感・共鳴”に転換し、リーダーの役割を“指導”と“支援”に区別し対処し行動することが重要です。必要なリーダーシップは判断・問題解決だけでなく、安心感あるチームづくりや行動を起こしやすい職場環境づくりを行いながら、組織の付加価値を高めるために人材を鍛錬させることです。

サーバントリーダーシップは部下の仕事を支え同じ仲間として協働しながら、部下の信頼を得てリーダーシップを発揮するのが特徴です。「自分はどうすれば部下の役に立ち、目指すべき方向に導き、組織の目的を成し遂げられるか」というリーダーシップスタイルです。本研修では、部下への「奉仕」や「支援」の姿勢を徹底的に貫き、信頼を高め、成長を促進し、組織の目的を成し遂げる、という“サーバントリーダーシップ”を身に付けませんか。

サーバントリーダーシップ研修カリキュラム例

1. リーダーシップの全体像
・リーダーシップとは何か
・ミッションを共有するチームの力
・なぜサーバントリーダーシップが求められているのか
・従来のリーダーシップスタイルとの比較
2. サーバントリーダーシップの基本
・サーバントリーダーシップの要素
・具体的なリーダーシップ行動
・事例を基に問題点と方法を考える【演習】(私も業務で忙しい、みんなを引っ張れる気がしない)
・私の強みと弱みを知ろう【演習】
3. サーバントリーダーシップの実践
・ ミッション・ビジョンを共有する【演 習】
・メンバーを勇気づける、動機づける【演 習】
・支援スキル(育成・承認・共感・フィードバック・フォロー)【演 習】
4.タイプ別のサーバントリーダーシップ
・ケース別に対応を考える【演習】
事例1:未成熟で自由過ぎるメンバー
事例2:有能だが孤立しているメンバー
事例3:自分より経験豊富で年上のメンバー
5、今後にむけたプラン

マネジメント研修概要

実施方法 集合型、現場指導 もしくはオンライン、動画配信研修
依頼目的
  1. 一方的に権限を振りかざす、上位下達だけの管理職
  2. 部下に優しすぎて組織の統制が取れなくなっている
  3. 部下を叱れない(厳しく言うべき時にはっきりと指摘できない)
  4. 責任を取らない/責任を部下に押し付ける
  5. 厳しくルール決めの管理、離職率が上がった
  6. 目標設定を適切に行えない
内  容
  1. 管理者の役割と要件
  2. 方向性を示す(目的/目標/計画の設定)
  3. 問題を解決するための思考法
  4. 自立型人材を育てる目標管理の技術
  5. 組織を動かすコミュニケーション
実施時間 〇1回3時間コース/6時間コース ・2日間コース
〇継続研修
月1回×6回、月1回×1年間、月4回×3か月など
※ご要望に応じてカリキュラムをご提案いたします
受講人数 5名以上
対象者 管理職(課長・係長・リーダー)、または候補者
効果・変化・お客様の声 ・部下に任せることができるようになった
・数年後の未来の会社像を考えられるようになった
・部署や組織への当事者意識が高まった
・部下のせいにせず、自分自身の行動を点検できるようになった
・数値管理とメンバー協同を同時に課題に持てるようになった
・メンバーと一緒に目標を創れるようになった

 

お申込み・お問合せ

部下の成長に合わせたリーダーシップを学ぶ

~部下の成長段階に応じた支援「状況対応リーダーシップ」

部下の開発段階に応じて変化させるリーダーシップ・スタイルを学びます。リーダーは部下の能力と意欲に応じてスタイルを変化させることで、首尾一貫したリーダーシップを発揮できます。

状況対応リーダーシップ研修の目的

「状況対応リーダーシップ」は、ハーシィ(P.Hersey)とブランチャード(K.H.Blanchard) が提唱した考え方です。部下を一律に扱うのではなく、「成熟度」(状況)に応じて、対応の仕方を変えるというものです。多様な部下が増える今こそ、覚えておきたいリーダーシップの理論です。
リーダーは、適切なタイミング適切な指示と支援をメンバーに提供します。メンバーの成功のために、程よい指導をしたり、適切に委任したりします。メンバーの技能と自立を向上させるにはどうしたらよいか心得ているので、メンバーはより早く組織が求める成果を創出することができるのです。リーダーシップをもっと発揮できるようになります。

リーダシップ理論の理解

リーダシップ理論の理解

開発4段階の診断とスタイル習得への実習

開発4段階の診断とスタイル習得への実習

ケース事例で体系的な習得

ケース事例で体系的な習得

 

状況対応リーダーシップ研修概要

実施方法 集合型、もしくはオンライン、動画配信研修
依頼目的
  1. どんな部下にも同じように接してしまう
  2. ベテランとの関係がギクシャクしてしまう
  3. 各メンバーに目標が浸透できていない
  4. 新人には細かく指導せず自由にさせているが育たない
  5. ティーチングとコーチングの使い分けができない
  6. 個人面談でどう話し合ってよいかわからない
  7. 部下との関係が今一つ良くない
  8. 部下の評価が主観的になってしまう
内  容
  1. メンバーの状況を把握する(状況別で分ける4タイプ)
  2. 効果的なリーダーシップ(有効なリーダー行動を使い分ける/指示するとき、支援するとき/ケース事例と演習)
  3. まとめ
実施時間 〇1回3時間コース/6時間コース ・2日間コース
〇継続研修
継続フォローアップコース
※ご要望に応じてカリキュラムをご提案いたします
受講人数 5名以上
対象者 メンターなど育成する先輩やリーダー、管理職
効果・変化・お客様の声 ・メンバー個々の具体的な診断方法が理解できた
・部下の迷いや不安への支援、チャレンジの場をもっと作りたい
・開発レベルに合わせた指示、支援の使い分けがわかった
・相手の今の状況によってスタイルを変えていきたい
・新人のやる気を大事にした育成をすべきだと実感した
・「何を」一人前の基準として伝えるのかが大事であると実感した
・能力評価制度の内容確認・充実も併せて図りたい
・目標管理を活用してD4リーダーまで育てていきたい
・人事考課や評価者研修にも取り入れたい

 

お申込み・お問合せ